なぜ今平屋が人気なの?若い世代にも平屋がウケている理由

公開日:2022/06/01  最終更新日:2022/06/17

平屋

昔ながらの家というイメージがある平屋住宅ですが、近年、人気が高まってきているようです。年配層だけでなく、子育て中の若い世代からも注目されている平屋住宅の魅力とは、いったいどういったものなのでしょうか?平屋を建てるメリットとデメリットについて、まとめるので、住宅購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

若年層にも人気の平屋

若年層にも平屋の人気が集まっている理由のひとつとして、生活のしやすさが挙げられます。階段がないため完全バリアフリー設計が可能で、さらにワンフロアに生活空間が集中しているので、シンプルで機能的な生活動線を配置できます。家事をする時間の短縮にもつながるため、忙しい子育て世代には最適といえるでしょう。

また、2階建ての住宅に比べ、LDKと各自の部屋の距離感が近く、家族間のコミュニケーションが取りやすいのも、平屋の特徴といえます。親子の会話を大切にしているという家庭にも選ばれているようです。

おしゃれな間取りも魅力

平屋の若年層人気は、子育てしている家庭にとどまりません。平屋は、2階部分がないため、通常より天井を高くすることが可能です。天井が高ければ、開放感のあるおしゃれな雰囲気にすることができます。

また、階段が不要なので2階建てに比べて間取りの制限も少なくなります。こういったことから、おしゃれな家づくりにこだわっている若年層夫婦にも、平屋人気は高いようです。

平屋が人気を集めている理由とは

2階建てのように階段の上り下りが必要なく、シンプルで機能的な家事動線を配置できることは平屋住宅の大きなメリットですが、利点はほかにもあります。ここでは、代表的な3つのメリットをご紹介します。

地震に強い

平屋住宅は、2階建てに比べて建物の重心が低く、耐震性に優れているようです。高層階になればなるほど揺れ幅が大きくなり、建物に負担がかかりますが、平屋の場合は揺れを最小限に抑えることが可能です。また、家自体の重さも2階建てに比べて軽くなるので、建物への負荷が少ないといえます。

スペースを有効活用できる

2階建て住宅には必ず階段を設置する必要があり、多くの場合はその階段から各部屋につながる廊下のスペースも必要になってきます。

通常、2階建ての間取りにする場合、階段などに割り振るスペースは、45畳ほどといわれていますが、平屋住宅の場合はこのスペースが必要ありません。廊下や階段を設ける代わりに、収納をつくったり広々とした居間をつくったりと、スペースを有効活用できるのも平屋のメリットといえるでしょう。

老後も安心

前述したとおり、階段のない平屋は、完全バリアフリー住宅にすることが可能です。老後、足腰が衰えてきても階段を上り下りする必要がないので、負担になりません。

また、車いすになったとしても、改めて大規模なバリアフリー工事をする必要がないため、安心して住み続けることができます。

2階建てプランよりも高いってホント?

階段やそれにつながる廊下が必要なく、1階部分のみの建物のため、平屋住宅は安く建築できるのではないかと思う方も多いのではないでしょうか?単純に、同じ敷地面積に同じ条件で、2階建てと平屋を建てるとするのであれば、平屋のほうが安く建てられるかもしれません。しかし、条件によって平屋の方が高くなってしまうということは少なくありません。その理由を見ていきましょう。

広い土地が必要になる

夫婦ふたり暮らしなどであれば、コンパクトな敷地にこぢんまりとした平屋住宅を建てる方もいます。しかし、家族が多く、平屋でもそれなりの部屋数がほしいといった場合には、広い土地が必要です。また、平屋で2階建て住宅と同じ床面積を持とうとした場合、屋根や基礎部分も大きくなるので、その分費用は割高となってしまいます。

防犯対策

住宅を建てる際、防犯対策のため、空き巣に狙われやすい1階部分の窓に2重ガラスを採用したり、防犯フィルムを貼ったりする人も多いのではないでしょうか?平屋は2階建てに比べて1階部分の面積が広く、それにともない窓の数も多いため、その分費用も高くなってしまいます。

また、平屋の場合、寝室なども通行人と同じ目線になってしまうため、しっかりとプライバシーを守れるような工夫が必要になるでしょう。

設計プラン

広い平屋の場合、建物の中心部に部屋を配置することがあります。外壁に面した窓がなく、風通しや日当たりが悪くなってしまうようであれば、中庭をつくる、天窓を設ける、などを検討しましょう。設計プランは、平屋の家づくりを得意としている工務店やハウスメーカーに依頼することをおすすめします。

 

今回は、近年、子育て世代などの若年層から人気を集めている平屋住宅について、詳しく解説しました。生活空間がワンフロアにまとめられているため、機能的な生活動線を配置でき、家事がしやすいというメリットがありました。また、建物の重心が低く、2階建てに比べて地震に強いという利点もあります。注文住宅購入を検討中で平屋に興味のある方は、メリットとデメリットをしっかり比較し、ご自分に合っているかを確認してみてください。

 

おすすめ関連記事

検索

【その他】一宮市の注文住宅メーカー一覧

【NEW】新着情報

注文住宅を購入する場合、まずは家を建てる土地を探さなくてはいけません。家の外観や間取りにこだわったとしても、土地の広さや周辺環境に不満があれば、理想通りの家にはならないでしょう。そこで今回は
続きを読む
ALCは、1920年代にスウェーデンにて開発された建材で、オランダやドイツを含む、ヨーロッパを中心に世界で広く発展しました。現在では、日本を含む世界約40か国で使用されています。この記事では
続きを読む
漆喰というと、何となく古い家をイメージしませんか?実は漆喰には約5,000年もの歴史があり、ピラミッドや古代ギリシャ・ローマの建築物にも使われていた実績があります。そして、現代でもそのよさが
続きを読む